ダムマニア - Dam Mania -

片門ダム

東北電力所有の発電専用ダム。只見川最下流のダムで、磐越自動車道会津坂下ICのすぐそばにあり、磐越自動車道から眺めることができる。
堤体は重力式コンクリートダムで、クレスト部に洪水吐としてローラーゲートを5門有している。 発電用取水口も堤体にあり、6門のローラーゲートを備えている。 堤体直下右岸に設置されている片門発電所は、最大345m3/sの水を用い、5.7万kWの発電をしている。
天端は車両通行可能だが、ここを自動車で通ろうとは思わないほど狭い。 ダムサイトには桜が植えられ、芝生などで綺麗に整備されている。 只見川にある東北電力(株)のダムはどこもこの様な雰囲気だ。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流左岸より堤体を眺める。
奧の建物は片門発電所。

ダム

発電所からの放流口。
水がコンコンと湧き出ていた。

ダム

天端を眺める。
制限通りの車両通行可。
しかしながら、とても通行しようと思えない狭さ。

ダム

さらに奧の天端を眺める。
狭さが具合がお分かりだろうか。
でも、車両通行可。

ダム

天端より直下を眺める。
例に漏れず、只見川東北電力(株)仕様の豆腐ブロックが見える。

ダム

天端より下流を眺める。
奧の橋は磐越自動車道。
右の建物は片門発電所。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
この上流に柳津ダムがある。

ダム

上流右岸より堤体を眺める。
手前が発電用の取水口。ローラーゲートが6門。
奧が洪水吐のローラーゲート。

ダム

「安全第一」と書かれたダムは珍しいのではないだろうか。
働いている感が伝わってくる。

ダム

発電用のゲート。
通常は解放されている。

ダム

ゲートに書かれたゲージ。
5cm単位で読み取れる。

ダム

洪水吐ゲート支柱のアップ。

ダム

発電用取水口にゴミが入らないようにするための網場。
通常の網場より太いような気がする。

広告

スペック

ダム名片門(かたかど)ダム
ダム形式重力式コンクリート
河川名/水系名只見川/阿賀野川水系
所在地福島県河沼郡会津坂下町大字坂本字川端
位置北緯37度33分54秒 東経139度45分45秒
着工年/完成年1952年/1953年
用途発電
堤高29.0m
堤頂長219.5m
堤体積34,000立方m
流域面積2,765平方km
湛水面積166ha
総貯水量16,172,000立方m
有効貯水量4,497,000立方m
ダム湖名 
管理東北電力(株)
本体施工者西松建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
常時満水位EL 189.5m
制限水位-
最低水位 

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ローラーゲート5門 
発電所最大使用水量片門発電所(東北電力)345.00m3/s

アクセス・ドライブ

磐越自動車道会津坂下ICより、国道49号線を新津方面に向かう。
1つ目の信号を右折。
940mほど走ると、左手に片門ダムが見えてくる。
天端にスペースがあるので、こちらに車を停めて見学すると良いだろう。


TOP > ダム一覧 福島県 > 片門ダム カウンター