ダムマニア - Dam Mania -

白砂ダム

東京電力の発電専用のダム。洪水吐として、ラジアルゲートを2門装備している。
ダム湖はそれほど大きくなく、すぐ上流にも発電所がある。
水の色はエメラルドグリーン。どことなく神秘的な湖に感じる。
ゲートの水に触れている部分は茶褐色に変色しているため、やはりこの水も酸性なのだろうか。
上流からの撮影ポイントはあるが、下流からこのダムを見えないのが残念である。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

ダム湖左岸より堤体を眺める。
洪水吐はラジアルゲートが2門。
黒色のゲートっぽいが、水に触れている部分が茶色く変色している。
堤体の左側に、発電用の取水口が見える。

ダム

ダム湖を眺める。
堆砂が進んでいる模様。

ダム

堤体付近のの左岸に、導水管の出口があった。
中央の丸いものはパラボラアンテナ。
遠隔制御用のものだろうか。

ダム

上の写真に写っていた、黄色い橋から撮影。
こぢんまりとしたダムだ。

ダム

ダム湖上流側。
奥の建物は発電所。
その奥に、水圧鉄管の一部が見える。

広告

スペック

ダム名白砂(しらすな)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名白砂川/利根川水系
所在地群馬県吾妻郡六合村大字入山字花敷乙1511
位置北緯36度39分01秒 東経138度38分59秒
着工年/完成年1935年/1940年
用途発電
堤高26.80m
堤頂長37.70m
堤体積11,000立方m
流域面積64.5平方km
湛水面積7ha
総貯水量630,000立方m
有効貯水量97,095立方m
ダム湖名 
管理東京電力(株)
本体施工者大成建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
常時満水位EL865.16m
制限水位-
最低水位 

アクセス・ドライブ

関越自動車道渋川伊香保ICより、国道17号線を北上。
5kmほど走ると、吾妻川を渡り、国道353号線との交差点にさしかかる。
この交差点を左折、国道353号線に入る。
12kmほど走ると、中之条市街に突入する。ここでこの国道は、国道145号線と合流する形になる。
道的には直進、国道的には左折になるかたちで、国道145号線に進路を変える。
吾妻川を左手に眺めながら、18kmほど直進する。
須川橋という交差点で、国道292号線が分岐するので、ここは国道292号線を選択する。
10kmほど走ると、今度は405号線とのY字路にさしかかる。
ここは右折、国道405号線に入る。
6kmほど走ると、白砂トンネルに突入する。このトンネルを抜けるとすぐに、白砂川ダムが左手に現れる。
堤体付近に、ちょっとした駐車場があるので、ここに車をとめて見学するとよいだろう。
また、この先に野反ダムもあるので、こちらの見学もあわせておすすめする。


TOP > ダム一覧 群馬県 > 白砂ダム カウンター