ダムマニア - Dam Mania -

砥山ダム

 北海道電力の発電専用ダム。堤高30mの重力式コンクリートダムだが、堤体が60度ほど折れ曲がっていることが特徴的。 近隣には定山渓ダムや豊平峡ダムがあり、あまり目立たないダムだが、発電専用ならではの天端を覆い尽くすようなゲートや、 堤体の曲がり具合など、何かと楽しめる要素が多いダムなので、近隣のダムを訪問の際はぜひ見学してほしいダムの一つである。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
クレスト部に余水吐としてラジアルゲートが4門。
一番右のゲートだけはサイズが小ぶり。

ダム

右岸側のアップ。
約60度の角度で折れ曲がっている。

ダム

天端を眺める。
もちろんの事、立入禁止。

ダム

減勢工。
小規模なものだった。

ダム

下流を眺める。
水の色が何とも美しい。

ダム

下流右岸より堤体を眺める。
ダムマニアとしては木が邪魔に思えるのだが、これもダムの魅力を引き出すための、一つのアイテムなのだろうか。

広告

スペック

ダム名砥山(とやま)ダム
ダム形式重力式コンクリート
河川名/水系名豊平川/石狩川水系
所在地北海道札幌市南区豊滝633-1
位置北緯42度58分16秒 東経141度13分03秒
着工年/完成年1968年/1972年
用途発電
堤高30.0m
堤頂長217.0m
堤体積44,000立方m
流域面積452.8平方km
湛水面積13ha
総貯水量1,370,000立方m
有効貯水量530,000立方m
ダム湖名 
管理北海道電力(株)
本体施工者飛島建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
常時満水位 
制限水位-
最低水位 

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐ラジアルゲート4門 

アクセス・ドライブ

札幌市街より国道230号線を定山渓方面へ進む。
定山渓温泉の4kmほど手前に、小金湯温泉がある。ここからが要注意。
小金湯温泉街に入る道が右手にあるので、ここを右折。
あとはそのまま川に向かって、勘を頼りに進んでほしい。
駐車場は無いが、適当なスペースがあるので、こちらに車を停めて見学するとよいだろう。


TOP > ダム一覧 北海道 > 砥山ダム カウンター