ダムマニア - Dam Mania -

美和ダム

国土交通省直管の美和ダム。横に長い重力式コンクリートダムで、ゲート郡は左岸よりに設置されている。
非常用洪水吐のラジアルゲートが1門、常用洪水吐のラジアルゲートが2門というシンプルな構成。

近年、土砂堆積が進み、現在は堆砂率200%にもなっているという。
このため、上流から流れてくる土砂をダム湖に貯めず、下流に流すバイパストンネル工事が行われている。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
多少横に長い堤体という感じ。

ダム

上記を撮影した場所から土砂を流すバイパストンネルが見える。
まだ工事中だった。
ショベルカーが丸ごと入ってしまう太さのトンネル。

ダム

ゲート群のアップ。
非常用洪水はラジアルゲート1門。
常用洪水吐はラジアルゲート2門。

ダム

天端を眺める。両端が湾曲していた。
車両通行止。

ダム

天端より直下を眺める。
左下の建物は発電所。
減勢工の水は非常に汚かった。

ダム

天端より下流を眺める。
河川にかかっている橋は、バイパストンネル工事用の架設橋。

ダム

堤体付近の左岸に取水口がある。
何のための取水口か不明。

ダム

左岸より堤体を眺める。
多少湾曲している具合がわかる。

ダム

天端より下流を眺める。
左下にちょっとだけ写っている建物は発電所。
そのすぐ上にトンネルが見える。
このトンネルは発電所から出た水を流すためのもの。

ダム

ダム湖より堤体を眺める。
このダムは湖面に近づけるのだ。

ダム

ゲート群のアップ。
手前より、常用洪水吐・非常用洪水・常用洪水・表面取水施設。
表面取水施設からの水は、発電所に流される。

ダム

天端よりダム湖を眺める。細長いダム湖。

広告

スペック

ダム名美和(みわ)ダム
ダム形式重力式コンクリート
河川名/水系名三峰川/天竜川水系
所在地長野県上伊那郡高遠町大字勝間
位置北緯35度48分51秒 東経138度04分45秒
着工年/完成年1952年/1959年
用途洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/発電
堤高69.1m
堤頂長367.5m
堤体積286,000立方m
流域面積311.1平方km
湛水面積179ha
総貯水量29,952,000立方m
有効貯水量20,745,000立方m
ダム湖名美和湖(みわこ)
管理国土交通省
本体施工者大林組
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位EL 815.0m
常時満水位EL 815.0m
制限水位EL 808.0m(6月1日~9月30日)
予備放流水位EL 805.0m
最低水位EL 796.5m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ラジアルゲートW10.000m×H7.756m×1門381m3/s
常用洪水吐ラジアルゲートW5.00m×H6.30m×2門723.5m3/s
取水設備コンクリート造り(上部)3.48m×6.14m×2門
(下部)3.48m×2.64m×2門
 
発電所最大使用水量美和発電所(長野県)25.6m3/s
発電所最大使用水量春近発電所(長野県)19.0m3/s

アクセス・ドライブ

中央自動車道諏訪ICを下り、国道20号線を右折。
すぐに国道152号線との交差点にさしかかるので、ここを右折。
国道152号線を高遠方面に向かう。

杖突峠という、諏訪市が見渡せる峠を登り、20kmほど走ると高遠市街に入る。
高遠市街は多少わかりづらいが、そのまま国道152号線を進む。
市街地の中で、突き当たりを左折する格好になる。

トンネルをくぐり2kmほど走ると、右手に美和ダムの堤体が見えてくる。
ダム管理事務所にある駐車場が利用できるので、ここに車を停めて見学すると良いだろう。

また、管理事務所脇の小道に入ると、ダム湖間近まで車で入ることができる。
ここからの見学がおすすめ。

付近に高遠ダムもあるので、こちらの見学も併せておすすめする。

観光施設

施設名美和ダム広報室「みわっこ」
開館時間不明
休館日不明
入館料無料
堤体内・発電所見学申込が必要
ホームページhttp://www.cbr.mlit.go.jp/tendamu/

TOP > ダム一覧 長野県 > 美和ダム カウンター