ダムマニア - Dam Mania -

高瀬ダム

ロックフィルダムでは日本第1位の高さを誇る高瀬ダム。
高瀬川の最上流にあり、東京電力の管理用道路を使用しなければたどり着くことができない。

このダムに行くには、麓にある高瀬川テプコ館の見学ツアーに参加するか、
公認タクシー、もしくは徒歩という選択しかない。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

堤体下よりダムを見上げる。
左に見えるのは非常用洪水吐の導流部。
管理事務所とゲートもちょっぴり見える。

ダム

天端右側より下流を眺める。
右に非常用の放水路が見える。
堤高176mだが、そう高さは感じない。

ダム

天端左側にある展望台より下流を眺める。
堤体の上に道が走っている。葛折の道。
遠くに非常用の放水路のジャンプ台が見える。

ダム

天端を眺める。
真ん中に停まっているバスは、高瀬川テプコ館の見学用バス。
奥に非常用洪水吐と管理事務所が見える。

ダム

巨大な滑り台の様な非常用の放水路。
まだ一度も使われたことがないらしい。
(車中より撮影)

ダム

ダム湖から非常用洪水吐に至る導流部。
流木がいっぱい浮いていた。

ダム

非常用洪水吐は2門。
巨大なローラーゲートだった。

ダム

中央のコンクリートの下に、
新高瀬川発電所に至る取水口があるらしい。
左下にちょっとだけ写っているのは堤体です。

ダム

ダム湖を眺める。緑色の湖。
硫黄の影響らしい。

ダム

下流を眺めるパノラマ。右に非常用の滑り台が見える。

広告

スペック

ダム名高瀬(たかせ)ダム
ダム形式センターコア型ロックフィルダム
河川名/水系名高瀬川/信濃川水系
所在地長野県大町市大字平字高瀬入
位置北緯36度28分26秒 東経137度41分24秒
着工年/完成年1969年/1979年
用途発電
堤高176.0m
堤頂長362.0m
堤体積11,590,000立方m
流域面積131平方km
湛水面積178ha
総貯水量76,200,000立方m
有効貯水量16,200,000立方m
ダム湖名高瀬湖(たかせこ)
管理東京電力(株)
本体施工者前田建設工業
地図マピオン DamMaps

アクセス・ドライブ

長野自動車道豊科ICより、県道57号線を大町方面へ走る。
高速出口から左折するかたちになる。

すぐに県道は左折するが、そのまま直進。
すると国道147号線の交差点にさしかかる。

この交差点を右折、国道147号線を北上する。
20kmほど走ると、道は高瀬川を渡り、旭町交差点で国道は左折する。
ここは国道とともに左折、大町の市街に入る。

ここから2kmほど走ると、一中東という交差点があるので、ここを左折。
あとは一本道である。

途中、高瀬川テプコ館・大町ダム・七倉ダムがあるので、
ここの見学をあわせてお勧めする。

ただし、このダムへは自家用車では行けない。
七倉ダム管理事務所付近で通行止めとなる。
ここに自動車を置いてタクシーを利用するか、歩くしかない。

楽をして、お金をかけたくなかったら、
手前にあったテプコ館の見学ツアーに参加するとよいだろう。
9:00発と13:00発があるので、事前に予約すべし。
ダム見学が自由にできないという制限付きだが、
新高瀬川発電所もあわせて見学できるのでお勧めである。

観光施設

施設名高瀬川テプコ館
開館時間8:00~16:30(冬期は9:00~16:30)
休館日月曜日(祝祭日の場合は翌日)・年末年始・4月下旬~11月は無休
入館料無料
堤体内・発電所見学事前申込
ホームページhttp://www.tepco-pr.co.jp/takase/

TOP > ダム一覧 長野県 > 高瀬ダム カウンター