ダムマニア - Dam Mania -

黒又ダム

土木学会の「日本の近代土木遺産~現存する重要な土木構造物2000選 」に選定されているダム。
堤体に玉石を張りつめてあるのが特徴的。
しかし、土砂が堤体を汚し、赤い土がその美しさを消してしまっているのが残念だった。
また、このダムは堆砂が激しく、89.3%も土砂が埋まっているという。(2002年11月18日現在)

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流正面より堤体を眺める。
天端全てが自由越流式。
右に常用洪水吐のローラーゲートが見える。

ダム

堤体のアップ。
この色はいったい何なんでしょ。
こんなの初めて見ました。感動です。

ダム

常用洪水吐のローラーゲート。
あまり使用されてない様子。

ダム

堤体を引いたアングルで。
水の色が赤いです。
この水のため、堤体の色が赤くなってしまったのでしょうか。

ダム

ダム湖より堤体を眺める。
ほぼ満水でした。
ダム湖は相当量堆砂している様子。

ダム

発電用の取水口。
凄い勢いで水が流れ込んでいた。

ダム

ダム湖を眺める。
ダム湖というよりも、水没した原っぱという感じ。

広告

スペック

ダム名黒又(くろまた)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名破間川/信濃川水系
所在地新潟県北魚沼郡入広瀬村栃山
位置北緯37度20分22秒 東経139度04分54秒
着工年/完成年/1926年
用途発電
堤高24.5m
堤頂長217.5m
堤体積11,000立方m
流域面積117.5平方km
湛水面積31ha
総貯水量1,454,000立方m
有効貯水量469,000立方m
ダム湖名 
管理東北電力(株)
本体施工者白沢組
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位 
常時満水位 
制限水位 
最低水位 

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式1門 
常用洪水吐ローラーゲート1門 

アクセス・ドライブ

関越自動車道小出ICを出て左折。
500mほど走ると、国道17号線にぶつかる。この交差点を右折。
進路を長岡方面にとる。

3kmほど走ると、国道252号線との立体交差にさしかかるので、ここを右折。
国道252号線を入広瀬方面に走る。

関越自動車道をくぐり、ひたすら走る。
隣に只見線の線路が見えてくる。

15kmほど走ると、黒又川第1ダムへの標識が現れる。
この標識通りに右折。

3kmほど走ると、左手に黒又ダムが見えてくる。
発電所脇の小道に車を駐車できるので、ここに車を停めて見学すると良いだろう。
また、手前の分かれ道を進むと、堤体を正面から見渡せる橋がある。
こちらからの見学もおすすめする。

なお、この上流に黒又川第1ダム・黒又川第2ダムもあるので、こちらの見学もあわせておすすめする。


TOP > ダム一覧 新潟県 > 黒又ダム カウンター