ダムマニア - Dam Mania -

下久保ダム

水資源機構が管理する、重力式コンクリートダムの多目的ダム。
日本では数少ない、堤体が直角に折れ曲がっている構造が特徴的。
堤頂長は、コンクリートダムの中では第一位を誇る。
天端直下のコンクリートの色が、堤体本体とは異なる白色で、これも特徴のひとつだろうか。
その配色や、直角に折れ曲がっている風貌から、国道462号線からこのダムを見ると、悪の要塞に見えてしまうのは私だけだろうか。

天端直下には、群馬県営の下久保発電所があり、堤体に近づくことはできないが、天端側には駐車場やお手洗いが完備されており、大変親しみやすく整備されている。
天気が良い休日には、家族連れやツーリング族の姿が多く見られる。
このダムを見て、その先のぶどう峠を攻めるコースがおすすめ。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

国道462号線沿いにある、巨大な重力式コンクリート形式の多目的ダム。
右岸側が直角に折れ曲がっているのが特徴的。

ダム

下流正面より堤体を眺める。
非常用洪水吐より放流中。
中央上に見える穴は、常用洪水吐。この穴の奥にはラジアルゲートがある。
また、その下の2つの穴は、利水放流設備。この奥に、ハウエルバンガーバルブが鎮座している。

ダム

利水放流設備のハウエルバンガーバルブを間近より眺める。
とても巨大だった。
このバルブで、38m3/sの放流が可能。
バルブの隙間より、高圧がかかっているために、完全に閉じることができず、水が噴き出していた。

ダム

ダム湖側より放流設備を眺める。
左から、非常用洪水吐のラジアルゲート、常用洪水吐の予備ゲート×2、非常用洪水吐のラジアルゲート、そして、建物の様に見える施設は表面取水設備。

ダム

左岸より堤体を眺める。
ほぼ直角に折れ曲がっているのがお分かりだろうか。
また、右端にインクラインが見える。

ダム

天端を眺める。
天端上は、2車線で車両通行可能。
もちろん道路も直角に折れ曲がっている。
左に人が集まっている部分に、堤体内に入るエレベータの入口がある。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
このダム湖は、神流湖という名前。

ダム

天端より直下を眺める。
減勢工も右へ、ほぼ直角に折れ曲がっている。
副ダムも結構大きい。

ダム

天端より下流を眺める。
もう少し下流に、「三波石」という、文化財に指定された岩々がある。

ダム

プラムライン。
錆びていて、相当年季が入ったものだった。
近いうちに交換するとのこと。

ダム

直角部分を眺める。
右側が主堤体。

ダム

上記の位置より、すこし左側を撮影。
直角に折れ曲がった後、さらにその奥でも微妙に曲がっていた。
複雑な堤体の造りだ。

ダム

減勢工の副ダムと、主堤体を入れて撮影。

広告

スペック

ダム名下久保(しもくぼ)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名神流川/利根川水系
所在地埼玉県児玉郡神川町大字矢納1356-3
位置北緯36度07分57秒 東経139度01分21秒
着工年/完成年1959年/1968年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水/工業用水/発電
堤高129.0m
堤頂長605.0m
堤体積1,345,000立方m
流域面積322.9平方km
湛水面積327ha
総貯水量130,000,000立方m
有効貯水量120,000,000立方m
ダム湖名神流湖(かんなこ)
管理水資源機構
本体施工者熊谷組・間組
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位EL 298.1m
サーチャージ水位EL 296.8m
常時満水位EL 296.8m
制限水位EL 283.8m(7月1日~9月30日)
予備放流水位-
最低水位EL 223.7m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐クレストオーバーフロー型ラジアルゲートW8.0m×H15.849m×2門1,400m3/s
常用洪水吐ラジアルゲートW6.5m×H6.3m×2門1,600m3/s
利水放流設備ハウエルバンガーバルブΦ1.65m×2門38m3/s
表面取水設備4段式半円形ローラーゲート 12m3/s
発電所最大使用水量下久保発電所(群馬県)12.00m3/s
発電所最大使用水量下久保第二発電所(群馬県)0.323m3/s

アクセス・ドライブ

関越自動車道花園インターより、国道140号線を長瀞方面に進むか、
途中の寄居町より、国道254号線経由で国道462号線に入るコースがある。
お勧めは、長瀞方面。長瀞町の中野上交差点を右折。そのまま進むと、国道462号線に合流する。
この道を十石峠方面に約10分。すると、目の前に巨大な堤体が現れる。
トンネルを抜けたところに、下久保ダムに続く道があるので、左折してその道を選ぶ。
数百m走ると、下久保ダムの駐車場に到着する。
ここに車を停めて見学すると良いだろう。

また、峠ファンの君には、この先のぶどう峠がおすすめ。
残念ながら、十石峠は路肩崩落のため、当分の間通行止めだ。(2001/9/25現在)


TOP > ダム一覧 埼玉県 > 下久保ダム カウンター