ダムマニア - Dam Mania -

矢那川ダム

1998年に完成した、まだ新しさが残る、千葉県所有の多目的ダム。
用途では多目的ダムであるが、主な役割は洪水調節らしい。
この規模の河川で洪水が起こるのかという疑問を抱くが、下記の理由があるため、ダムが必要になったとのこと。

自治体が「かずさアカデミアパーク」という、大規模土地開発事業のために山林を開拓した。
山林が無くなると、土地の保水能力が落ちる。
この開発のために失った、土地の保水能力を補うため、このダムを建設したとのこと。

ダムサイトには、駐車場や公園が各所にあり、とても綺麗に整備されている。
堤体は解放されていて、下流側は堤体全体が大きな公園になっている。
芝生に包まれた堤体には、桜などの植物が植えられ、各所にベンチがあり、ここが堤体だとは思えないぐらい。
ちなみに、堤体の斜面を利用して芝滑りなどもできる。

とても広い天端は自動車通行止。天端も公園の一部になっているので当然だろう。
非常用洪水吐は自由越流式。ダム湖の規模の割にはとても大きなものだった。まだ一度も使ったことがないという。
少し離れた場所に、常用洪水吐と低水放流管の呑口があるが、残念ながら間近で見ることができなかった。

暖かい日に、ゆっくりと過ごしたいダムのひとつである。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
丘に見えるがれっきとした堤体だ。
手前の河川は矢那川。

ダム

上記の位置より少しひいたアングルで。
左に非常用洪水吐からの導流部が見える。
よく見ると、さらに左に、常用洪水吐からの放流管も見える。

ダム

非常洪水吐からの導流部。
左の切れ込み部分に常用洪水吐の放流管がある。

ダム

ダム湖側より提体を眺める。
全然水が無いが、これが常時満水位。
犬走り部分はそうとう広い。

ダム

上流よりダム湖を眺める。
まだ満水になったことがないという。

ダム

「かずさアカデミアパーク」より導かれている水路の出口。
直径が6.6mもあるらしい。

ダム

天端を眺める。
自動車通行止。
公園の一部なので当たり前か…。

ダム

右岸より堤体下流部を眺める。
全体が公園になっている。
堤体の斜面を利用し、芝滑りもできる。

ダム

自由越流式の非常用洪水吐。
とても大きなものだったが、最大で280m3/sしか流せないらしい。
奥に見える建物はダム管理事務所。

ダム

自由越流式の非常用洪水吐。
建物の大きさと比較して欲しい。
その大きさが分かるだろうか。

ダム

非常用洪水吐からの導流部。

ダム

常用洪水吐の取水部と、低水放流管の呑口。
よく見えない…残念。

広告

スペック

ダム名矢那川(やながわ)ダム
ダム形式傾斜遮水壁ゾーン型アースダム
河川名/水系名田高川/矢那川水系
所在地千葉県木更津市矢那
位置北緯35度20分45秒 東経139度59分06秒
着工年/完成年1989年/1998年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水
堤高29.3m
堤頂長284.0m
堤体積600,000立方m
流域面積11.7平方km
湛水面積16ha
総貯水量1,720,000立方m
有効貯水量1,600,000立方m
ダム湖名 
管理千葉県
本体施工者鹿島・フジタ・若築
本体施工者 
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位EL 55.700m
サーチャージ水位EL 54.200m
常時満水位EL 42.000m
最低水位EL 38.000m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式W80.000m280m3/s
常用洪水吐オリフィス型自然調節方式Φ3.0m×126.0m3/s
低水放流管バルブΦ0.4m×1条0.2m3/s

アクセス・ドライブ

館山自動車道木更津北ICを出て右折、しばらく走ると、県道33号線との交差点にさしかかる。
この交差点を右折、「かずさアカデミアパーク」方面に進路を取る。
5kmほど走ると、県道23号線が右に分岐する。
この分岐を右折、県道23号線に入る。
300mほど走ると、右手にダム湖が見えてくる。
あとはこのダム湖沿いに走り、駐車場を探すのみ。
色々な場所に駐車場があるので、車を停めるスペースに悩むことはないだろう。


TOP > ダム一覧 千葉県 > 矢那川ダム カウンター