ダムマニア - Dam Mania -

桜ヶ池ダム

富山県が所有するかんがい用水専用のアースダム。
県の管轄だけあり、洪水吐のデザインなどが凝っていて、お金がかかっている様子がうかがえる。
ダム湖にはボート乗り場や親水公園などがあり、市民の憩いの場になっているらしい。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
いたって普通のアースダム。

ダム

天端を眺める。
自動車での通行可能。
アースダムにしては、かなり幅広な天端。

ダム

左岸に設置されている取水口。

ダム

天端より下流を眺める。
のどかな風景の先には、市街地が広がっていた。

ダム

変わったかたちの洪水吐。
本日は水量が少ないので、洪水吐の前にある親水公園が現れている。
手前に見えるコンクリートが自由越流式の洪水吐。

ダム

洪水吐・親水公園。アングルを変えて撮影。
右下に常用洪水吐のスライドゲートが見える。
洪水吐からダム湖までは公園になっている。

ダム

天端からダム湖を眺めるパノラマ写真。

広告

スペック

ダム名桜ヶ池(さくらがいけ)ダム
ダム形式アースダム
河川名/水系名大井川/小矢部川水系
所在地富山県南砺市西原
位置北緯36度30分03秒 東経136度52分08秒
着工年/完成年/1953年
用途灌漑用水
堤高26.0m
堤頂長432.0m
堤体積356,000立方m
流域面積10.9平方km
湛水面積17ha
総貯水量1,452,000立方m
有効貯水量1,160,000立方m
ダム湖名 
管理富山県
本体施工者青木建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位 
常時満水位 
制限水位-
最低水位 

アクセス・ドライブ

このダムに行くには2種類の方法がある。
一つは、東海北陸自動車道城端SAから徒歩で行く方法である。
城端SAに車を停め、南側を見渡すと、緑色の堤体が見える。
これが桜ヶ池ダムである。徒歩で数百mも歩けば堤体に到着する。

もう一つの方法は、東海北陸自動車道福光ICからのアクセスになる。
ICを降り、国道304号線を五箇山方面へ向かう。
800mほど走ると、右手にガソリンスタンドが現れるので、この交差点を右折。
3kmほど直進すると、道はちょっとしたトラップにさしかかる。
右、左の順にヘアピンカーブが続くのだが、このカーブの途中に分かれ道が2箇所存在する。
このトラップに惑わされずに、右・左の順に、道なりに進む。
上手く抜ければ300mほどで東海北陸自動車道との立体交差にさしかかる。
ここまでくれば、もう辿り着いたと同じだ。
そのまま走れば、天端に到着する。


TOP > ダム一覧 富山県 > 桜ヶ池 カウンター