ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

仏原ダム

福井県

北陸電力(株)が所有する発電専用ダム。
堤高48.6mの重力式コンクリートダムで、クレスト部に焦げ茶色のラジアルゲートが3門装備されている。
この配色と形状は、北陸電力(株)のダムであることを淡々と訴えかけている。
このダムの水は、西勝原第三発電所に運ばれ、最大56m3/sの水量を用いて4.8万kWの電力を生み出している。
もう少しよいアングルからダムを望むことができそうだったが、取材時の体の都合上、そのポジションまで行くことができなかった。
いつか機会を見て再度訪問したいと思う。


ダム湖側より堤体を眺める。
左に発電用の取水設備が見える。

クレスト部の放流設備はラジアルゲートが3門。

発電用の取水口。
西勝原第三発電所に運ばれる。

ダム湖より堤体を眺める。

ゲートのアップ。
ゲートの色はこげ茶色。
北陸電力(株)のカラーリングだ。

取水口の建屋。


おすすめ商品

スペック

ダム名仏原(ほとけばら)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名九頭竜川/九頭竜川水系
所在地福井県大野市仏原
位置北緯35度57分17秒 東経136度37分23秒
着工年/完成年1965年/1968年
用途発電
堤高48.6m
堤頂長141.0m
堤体積50,000立方m
流域面積437.9平方km
湛水面積29ha
総貯水容量3,723,000立方m
有効貯水容量1,522,000立方m
ダム湖名 
管理北陸電力(株)
本体施工者熊谷組

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)EL 335.00m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位EL 328.50m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ラジアルゲート3門 

アクセス

北陸自動車道福井ICより、国道158号線を大野市方面へ走る。
大野市の市街地を抜けると、道はワインディングとなる。
左手に九頭竜川を眺めながら走ると、馬返トンネルにさしかかる。
このトンネルを抜けてからが要注意。
トンネル出口から1kmほどの左手に、北陸電力仏原ダムの看板が現れる。
国道沿いに駐車場らしきものがあるので、こちらに車を停めて見学するとよいだろう。
なお、この先に、鷲ダムや九頭竜ダムがあるので、こちらの見学も合わせておすすめする。


コメント

タイトルとURLをコピーしました