ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

飯豊川第1ダム

新潟県

加治川治水ダムの下流にある、発電専用の重力式コンクリートダム。
堤体付近は立ち入り禁止で、ろくな写真が撮れなかった。
天端全てから越流する方式で、取材時は豪快に放流されていた。


真横より堤体を眺める。
手前の建物は、常用洪水吐のローラーゲート。

堤体は「く」の字に曲がっているようだ。

自由越流の天端を眺める。
ものすごい水量だった。


おすすめ商品

スペック

ダム名飯豊川第1(いいでがわだいいち)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名加治川/加治川水系
所在地新潟県新発田市大字赤谷字赤谷
位置北緯37度48分56秒 東経139度28分30秒
着工年/完成年/1915年
用途発電
堤高39.8m
堤頂長49.6m
堤体積8,000立方m
流域面積96平方km
湛水面積1ha
総貯水容量280,000立方m
有効貯水容量280,000立方m
ダム湖名 
管理東北電力(株)
本体施工者東北電力(株)

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐自由越流式1門

アクセス

磐越自動車道三川ICからのアクセスを記載させてもらう。
ICを出て、県道を国道49号線新潟方面へ向かう。
2kmほど走ると、県道は国道49号線との交差点にさしかかる。
この交差点を右折、福島県方面へ向かう。
2kmほどで、左手に磐越西線の三川駅があらわれる。
ここからが要注意。
三川駅前という交差点を右折、県道14号線に入る。
アンダーパスで先程の国道を越え、阿賀野川・新谷川沿いに走る。
12kmほど走ると、加治川ダムに向かう道が右にあらわれるので、ここを右折。
感覚的にはT字の交差点の突き当たりを右に曲がる感覚だ。
右に曲がり、6kmほど走ると、左手に飯豊川第1ダムの管理事務所があらわれる。
ちょっとしたスペースがあるので、ここに車を停め見学をするとよいだろう。
また、その奥にある加治川治水ダムの見学もあわせてお勧めする。


コメント

タイトルとURLをコピーしました