ダムマニア - Dam Mania -

相俣ダム

民話の里「猿ヶ京温泉 」に佇むダム。
湖の赤谷湖は国道からでも見えるが、肝心なダムはわき道に入ってもまったく見えない。
おまけに、提体上に立っても下流全体を見ることができないので、
訪れても不満が残るダムだ。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

赤谷湖をみる。
湖は広いが、ダム堤長はとても短い。

ダム

堤体上より下流を見下ろす。
ダムの醍醐味である導流壁が隠されていて見えない。
好きで隠しているわけではないらしい。
真相が知りたいところだ。

ダム

堤体上より湖を見る。
ダム付近の湖はとても狭まっている。

ダム

堤体を眺める。
中央から先は立ち入り禁止。
硬く閉ざされている。

広告

スペック

ダム名相俣(あいまた)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名赤谷川/利根川水系
所在地群馬県利根郡みなかみ町相俣字宮坂
位置北緯36度42分44秒 東経138度53分35秒
着工年/完成年1952年/1959年
用途洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/発電
堤高67.0m
堤頂長80.0m
堤体積63,000立方m
流域面積110.8平方km
湛水面積98ha
総貯水量25,000,000立方m
有効貯水量20,000,000立方m
ダム湖名赤谷湖(あかたにこ)
管理国土交通省
本体施工者熊谷組
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位EL 565.0m
常時満水位EL 565.0m
制限水位EL 553.50m(7月1日~9月30日)
予備放流水位EL 563.50m
最低水位EL 535.0m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ローラーゲートW5.0m×H13.0m×2門780m3/s
利水放流設備ホロージェットバルブΦ2.5m×1条100m3/s
発電所最大使用水量相俣発電所(群馬県)10.0m3/s
発電所最大使用水量相俣第二発電所(群馬県)0.298m3/s
発電所最大使用水量桃野発電所(群馬県)11.5m3/s

アクセス・ドライブ

関越自動車道月夜野ICより、国道17号線を新潟方面へ走ること約20分。
相俣発電所の看板が見える。
その看板どおりに左折、多少複雑な道をたどり、急坂を登り終えるとダムに到着する。
国道からスムーズに行く方法もあるが、ここではあえて、このアクセスがよいと思う。
なぜなら、多少なりとも山奥を感じることができるからだ。

所々に駐車場が完備されているが、わざわざ車を止めてまで見るほどのことはないと思う。
他のダムのように、景色がよいとか、ダム前景が見えるというわけではないからだ。

「はっきりいって、このダムに行くならば、群馬の巨大ダムめぐりをするとか、
この先にある二居ダムを見学したほうがよいだろう。」と書きたいところだが、
相俣ダムの職員さんが当サイトを見てくれているらしいので、
ぜひこのダムに訪れてもらいたい。


TOP > ダム一覧 群馬県 > 相俣ダム カウンター