ダムマニア - Dam Mania -

塩沢ダム

群馬県が所有する多目的ダム。万場町の治水・利水のために1995年に完成した。
クレスト部に自由越流式のゲートを4門、オリフィス部にも自由越流式の洪水吐を1門備えている。
その他、常用洪水吐としてローラーゲートを1門と、表面取水設備を備えている。
小さなダムの割には贅沢な造りだろう。

ダム湖は非常に小さく、散歩がてらに周回するにはちょうど良い大きさだ。
ダム湖のすぐ上流には大きな砂防ダムがあり、こちらも見学のポイントの一つになる。
公園などもあり、水辺に降りられるエリアもあるので、ゆっくりと楽しむことができる。
私が訪問した日は、鍵がかかって入ることができなかったが、資料館もある模様。
小さなダムながら、充実した時間を過ごせるダムであると感じた。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
非常用洪水吐は自由越流式で4門。

ダム

ダム湖左岸より堤体を眺める。
ゲート群は中央よりやや右側に配置されている。

ダム

天端を眺める。車両通行止め。

ダム

天端よりダム湖を眺める。
とても小さなダム湖だった。
奥に見える橋の、さらに奥に、巨大な砂防ダムがあるのがお分かりだろうか?

ダム

天端より直下を眺める。
常用洪水吐より放流していた。
右に見える穴は、表面取水設備からの放流口だろうか。

ダム

さらに下流を眺める。
減勢工は2段式。
左の建物は発電所だろうか?

ダム

さらに下流を眺める。
4kmほど先で神流川に合流する。

ダム

ダム湖より堤体を眺める。

ダム

ゲート群のアップ。
左から、非常用洪水吐×2、常用洪水吐、洪水期用の常用洪水吐、非常用洪水吐×2。

ダム

管理所。
この中に資料館もある。
はじめ、お土産屋さんか、蕎麦屋さんかと思ってしまった。

広告

スペック

ダム名塩沢(しおざわ)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名塩沢川/利根川水系
所在地群馬県多野郡神流町大字塩沢地先
位置北緯36度07分34秒 東経138度53分22秒
着工年/完成年1984年/1995年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水
堤高38.0m
堤頂長157.0m
堤体積67,000立方m
流域面積7.8平方km
湛水面積3ha
総貯水量280,000立方m
有効貯水量280,000立方m
ダム湖名蛇神湖(へびかみこ)
管理群馬県
本体施工者大豊・大日本土木・井上
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位EL 541.5m
サーチャージ水位EL 539.5m
常時満水位EL 536.9m
制限水位EL 528.4m
予備放流水位-
最低水位EL 521.3m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式W9.5m×H2.0m×4門 
常用洪水吐(非洪水期用)自由越流式W2.8m×H4.6m×1門 
常用洪水吐(洪水期用)オリフィスローラーゲートW2.4m×H3.1m×1門69m3/s
表面取水設備多孔式H0.6m×3孔 
利水放流設備ジェットフローゲートΦ0.5m×1条 

アクセス・ドライブ

関越自動車道本庄児玉ICから、国道462号線を児玉市街江方面へ走る。
線路をくぐり、900mほど走ると、仲町という交差点で、国道462号線は右に進路を変更する。
ここは右折、国道462号線をひた走る。
6.97km走ると、T字路にさしかかる。ここは左折、国道462号線通りに走る。
やがて左側に、神水ダム、下久保ダムがあらわれる。
時間があれば、これらのダムを見学するとよいだろう。特に下久保ダムはおすすめである。
下久保ダム湖を通り過ぎ、しばらく走ると、右手に神流町役場が見えてくる。
ここからが要注意。
役場から500mほど走ると、右に分岐する道がある。
ここを右折。
塩沢ダムの案内板があるので迷うことはないだろう。
この分岐から2.4km走ると、左手に塩沢ダムが見えてくる。
天端の両脇に駐車場があるので、こちらに車を停めて見学するとよいだろう。
また、堤体直下に行く道もあるらしいが、残念ながら私は見つけられなかった。


TOP > ダム一覧 群馬県 > 塩沢ダム カウンター