ダムマニア - Dam Mania -

忠別ダム

北海道開発局所有の多目的ダム。治水の他、上水道、かんがい用水の確保や、発電をおこなっている。
このダムの型式は、重力式コンクリートとロックフィルが繋がったコンバインダム。 その境目はクッキリしており分かりやすいため、コンバインダムの代表格といえるだろう。
堤高86mに対して堤頂長885mと非常に横長で、北海道のダムの特徴を十分に網羅している。 これだけ長い堤体なのに、自動車での通行は禁止されている。普通に歩くと、往復30分はかかる道のりである。 天端は片側1車線の道路を造ることができる広さなので、車道にしても安全上問題ないと思われるが、管理管轄の問題でそうなっていないとのこと。 非常に残念である。

重力式コンクリート部には放流設備があり、非常用洪水吐として自由越流式のものが12門、その中央に、常用洪水吐として、こちらも自由越流式のものが1門装備されれている。 そこから突き出すように、選択取水設備が配置されている様子は、他のダムではあまり見かけない光景だろう。
ロックフィル部は右岸にあり、かなり白色な石を使用している。左岸の重力式コンクリート部とは相反する光景だ。 こちらのロックフィル部には主だった設備はなく、平穏な堤体が続くのみである。

非常に面白いダムなので、旭岳ロープウェイなどにお立ち寄りの際は、ぜひとも見学して頂きたいダムである。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
手前がロックフィル部、奥が重力式コンクリート部。

ダム

右岸上流側より堤体を眺める。
比較的白い石を利用したロックフィルが美しい。

ダム

右岸下流側より堤体を眺める。
綺麗だー!

ダム

左岸の重力式コンクリート部。
放流設備はこちら側に集約されている。

ダム

放流設備のアップ。
非常用洪水吐は自由越流式で12門。
常用洪水吐も自由越流式で1門。
その他、コンジット部に2門装備している。

ダム

減勢工と選択取水設備からの放流部。

ダム

ロックフィル部と重力式コンクリート部の接合部。
たまらなくセクシー。

ダム

洪水吐の位置に設置されている選択取水設備。
通常はこの位置には無いものだ。

ダム

左岸より堤体を眺める。
コンクリートとフィルのせめぎ合い。
何とも異様な光景。

ダム

上流より放流部を眺める。
こうやって切り取ってみると、単なる重力式コンクリートダム。

ダム

天端を眺める。
自動車通行不可。
これだけ長い堤体なのに、この処置はいただけない。

ダム

左岸にあるインクライン。
ちなみに、管理所は右岸にある。
管理所からインクラインにたどり着くまで15分かかる。

ダム

天端より直下を眺める。
いたって普通な減勢工。

ダム

天端より下流を眺める。

ダム

重力式コンクリート部と、ロックフィル部の接合点。
左側が重力式、右側がロックフィル式。

ダム

その部分にあるプレート。

ダム

左岸より堤体を眺める。
何とも異様だ。

ダム

このアングル、大好きです。
通常のダムではありえない。

ダム

コンバインダムならではの光景。

ダム

旭岳ローブウェイよりダム湖を眺める。

広告

スペック

ダム名忠別(ちゅうべつ)ダム
ダム形式重力式コンクリート・フィル複合
河川名/水系名忠別川/石狩川水系
所在地北海道上川郡美瑛町
位置北緯43度37分39秒 東経142度37分49秒
着工年/完成年1977年/2006年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/かんがい用水/上水道用水/発電
堤高86.0m
堤頂長885.0m
堤体積9,444,000立方m
流域面積238.9平方km
湛水面積372ha
総貯水量93,000,000立方m
有効貯水量79,000,000立方m
ダム湖名忠別湖(ちゅうべつこ)
管理北海道開発局
本体施工者大成・岩田地崎・竹中土木
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位EL 419.72m
常時満水位EL 413.92m
制限水位-
最低水位EL 387.42m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐自由越流式12門 
常用洪水吐自由越流式1門 

アクセス・ドライブ

旭川辺りより、旭岳・天人峡方面を目指す。
その途中に忠別ダムがある。
右岸や左岸に駐車場があるので、こちらに車を停めて見学するとよいだろう。
なお、このダムは、ダムに興味がない人を連れれゆくことを強くおすすめする。
なぜなら、天端は自動車の通行禁止で、堤頂長885mもある。
往復するには非常に時間がかかるので、先に車を対岸に廻しておいてもらうようにすると効率的だからだ。

(漠然とした書き方で申し訳ありません。出発地が多難で、目指す進路は一つしかないため、この書き方になりました。)


TOP > ダム一覧 北海道 > 忠別ダム カウンター