ダムマニア - Dam Mania -

奈川渡ダム

長野県の梓川にあるダム。
この川には3連続でアーチ式コンクリートダムが建設されており、梓川3ダムとか、安曇3ダムなどと呼ばれている。

この奈川渡ダムは、3ダムの中では最上流に位置し、揚水発電の上部ダムの役割を持っている。
下部ダムは水殿ダムである。

また、このダムは3ダムの中で一番大きく、天端は国道になっていて交通量も多い。東京電力の人に言わせると、ここらへんが自慢らしい。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

直下より堤体を見上げるパノラマ写真。
手前の窓がある建物は発電所。
このアングルでダムを見ることは
滅多にできないので、嬉しかった。

ダム

堤体横よりダムを眺める。
いつものことだが、
アーチ式ダムは写真におさまらないのが曲者。

ダム

同じ場所より直下の発電所を眺める。
堤体にくっついている建物は、
揚水式ではない発電所。
木の左横に少しだけ写っている建物が
揚水式発電所。

ダム

発電用水の放流部。
写っている水は今仕事を終えたばかりだ。
ビールが旨い。(水の気持ちを表現)

ダム

上記の位置より下流を眺める。
この部分はもう水殿ダム湖。

ダム

直下より堤体を見上げる。
ここから見るとオーバーハング
しているのがよくわかる。

ダム

揚水式発電所内部。
4機の発電機が並んでいる。

ダム

監査廊らしい。
薄暗かった。

ダム

天端より下流を眺める。
右に見える建物は揚水式発電所。
写っている川は水殿ダム湖。

ダム

非常用洪水吐を眺める。
ダム湖の下をくぐり、水殿ダム湖にそそがれる。
導流部はトンネルになっている。

ダム

非常用洪水吐は2門のローラーゲート。

ダム

堤体を眺めるパノラマ写真。奥に非常用洪水吐のゲートが見える。
何度も書くが、アーチ式ダムはレンズに収まらないところがいただけない。

ダム

左は非常用洪水吐。中央は堤体。白い建物は梓川テプコ館。本日の貯水率は95%位らしい。

広告

スペック

ダム名奈川渡(ながわど)ダム
ダム形式アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名梓川/信濃川水系
所在地長野県松本市安曇字中山
位置北緯36度07分58秒 東経137度43分05秒
着工年/完成年1961年/1969年
用途発電
堤高155.0m
堤頂長355.5m
堤体積660,000立方m
流域面積380.5平方km
湛水面積274ha
総貯水量123,000,000立方m
有効貯水量94,000,000立方m
ダム湖名梓湖(あずさこ)
管理東京電力(株)
本体施工者鹿島建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位 
常時満水位EL 982.0m
制限水位
最低水位EL 927.0m

アクセス・ドライブ

長野自動車道松本ICより、国道158号線を上高地方面へ走る。
高速出口から右折するかたちになる。

あとは19kmほど、ひたすら直進するのみである。

市街地を抜け、だんだんと町並みは田舎風景になる。
梓川が併走するようになると、道はワインディングに変化する。
運転が楽しくなってきた頃に、目の前に突然アーチ式の、稲核ダムがあらわれる。
また、そのさらに3km上流に水殿ダムもある。
これらのダムもあわせて見学して欲しい。

トンネルをいくつもくぐり、梓川をさかのぼって行く。
やがて、分岐があるトンネルにさしかかる。
この分岐は右方向、国道方面に進路をとる。

トンネルを抜けると、すぐに奈川渡ダムに到着する。
トンネルを抜けたすぐの所にダム湖駐車場があるのでここを利用されたし。

見学施設として梓川テプコ館があり、発電所の見学もできる。
1日5回行われているので、時間を合わせて参加すべし。

平日に取材に行ったのだが、意外と道は混んでいた。
シーズン中の休日ともなると、まったく動かなくなるそうなので、見学日には注意されたし。

2011/6/26 更新

TOP > ダム一覧 長野県 > 奈川渡ダム カウンター