ダムマニア - Dam Mania -

刈谷田川ダム

珍しいデザインをした、重力式コンクリートの刈谷田川ダム。
何が珍しいかというと、それは導流壁だ。
通常、導流壁は上から下まで平行か、もしくは下が広がった構造になっている。
しかしこのダムは、導流壁が下に行くほど狭まっているのである。
私は、真紅の2門のラジアルゲートが目、常用洪水吐が口に見え、まるで人の顔を表現しているかの様に見えた。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

導流壁が下に行くほど狭まるデザイン。
こんなデザインのダム、見たことがありません。

ダム

ダム湖より堤体を眺める。
表面取水設備が見える。
新潟のダムは、赤い塗装が標準なんだろうか。

ダム

堤体の割には小さなダム湖。

ダム

天端を眺める。
管理用のボートが無造作に置かれていた。
赤いクレーンでダム湖に下ろす模様。

ダム

天端より直下を眺める。
オリフィスゲートからの放流が見える。

ダム

下流横より堤体を眺める。
ここから見ると変わり映えしないデザイン。

ダム

オリフィスゲートと表面取水設備。

広告

スペック

ダム名刈谷田川(かりやたがわ)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名刈谷田川/信濃川水系
所在地新潟県栃尾市大字栃堀字神掛
位置北緯37度26分12秒 東経139度03分09秒
着工年/完成年1968年/1979年
用途洪水調節、農地防災/上水道用水/工業用水
堤高83.5m
堤頂長202.5m
堤体積215,000立方m
流域面積24平方km
湛水面積23ha
総貯水量4,450,000立方m
有効貯水量4,150,000立方m
ダム湖名 
管理新潟県
本体施工者佐藤・フジタ・東急
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位EL 271.50m
常時満水位EL 249.50m
制限水位-
予備放流水位-
最低水位EL 235.00m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ラジアルゲートW5.0m×H7.4m×2門429m3/s
常用洪水吐ラジアルゲートW3.3m×H3.0m×1門241m3/s
利水放流設備ホロージェットバルブΦ0.75m×1条10.0m3/s
発電所最大使用水量刈谷田発電所(新潟県)3.00m3/s

アクセス・ドライブ

関越自動車道長岡ICが最寄りのIC。
ICを下り、国道8号線を長岡市街方面に走る。

3kmほどで道はバイパスと旧道に分かれるが、ここはバイパスを選択。
長岡市街を抜けると、国道8号線は左折するが、ここは直進。
国道351号線と名を変える。

新榎トンネルを越え6kmほど走ると、国道290号線とのT字路にさしかかる。
ここは左折、進路を守門方面に取る。

3kmほど走ると、刈谷田川ダムの案内板があらわれるので、
あとはその通りに左折するだけである。
その案内板から4kmほど走ると刈谷田川ダムに到着する。


TOP > ダム一覧 新潟県 > 刈谷田川ダム カウンター