ダムマニア - Dam Mania -

雨竜ダム

灌漑用のため池が多数存在する、一宮町にあるダム。
堤高が15mを越えているのでダムに分類されてしまったという感じである。

ダム湖の畔に民家が一軒だけあり、まるで民家の庭池の様な存在だった。
民家にお住まいの方は、ダムの管理者なのだろうか。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流より堤体を眺める。
どこにでもありそうなアースダムだ。

ダム

天端を眺める。
奥に見える建物は管理事務所と思いきや、
普通の民家だった。

ダム

ダム湖へ続く階段。
インクラインと呼ぶのだろうか。

ダム

中央の鉄板は洪水吐のスクリーン。
右のコンクリートはインクライン。

ダム

洪水吐より下流を見る。
手彫りの導水トンネル。
こんなの初めて見た。

ダム

天端より下流を眺める。
遠くに太平洋が見える。

ダム

天端よりダム湖を眺める。小さく穏やかなダム湖だった。

広告

スペック

ダム名雨竜(うりゅう)ダム
ダム形式アースダム
河川名/水系名東浪見川/東浪見川水系
所在地千葉県長生郡一宮町大字東浪見深沢
位置北緯35度20分52秒 東経140度22分26秒
着工年/完成年/1951年
用途灌漑用水
堤高19.0m
堤頂長112.0m
堤体積54,000立方m
流域面積0.3平方km
湛水面積4ha
総貯水量447,000立方m
有効貯水量447,000立方m
ダム湖名雨竜湖(うりゅうこ)
管理一宮町東部土地改良区
本体施工者 
地図マピオン DamMaps

アクセス・ドライブ

茂原から国道128号線を南下し、一宮町を目指す。
8kmほど走ると茂原市街地に入る。
市街地を抜けると、JR外房線との陸橋にさしかかる。
この陸橋から1.2kmほど先に、東浪見駅に向かう道との交差点がある。
ここを右折。駅方面には向かわず、そのまま直進し、踏切をわたる。

道はすぐに急勾配なヘアピンカーブに入る。
このヘアピンを抜けると目の前にアースダムが現れる。
そう、このダムが雨竜ダムである。
アースダムのため目立たないので注意して欲しい。
堤体直下のヘアピンカーブ脇に駐車スペースがあるので、
ここに車をとめて見学するとよいだろう。


TOP > ダム一覧 千葉県 > 雨竜ダム カウンター