ダムマニア - Dam Mania -

月山ダム

国土交通省管轄の多目的ダム。
以前は赤川ダムという名称だったが、朝日村の村長の要望で、昭和57年3月に現在の名称に変更された。
堤体下流側には、月もしくは太陽が昇るような、半円を描いたデザインが施され、これが非常に美しい。
これは、所在地である朝日村の「朝日」と、霊峰月山の「月」をイメージしたものだという。

放流設備は、非常用洪水吐として、真紅のラジアルゲートが2門、コンジット部に常用洪水吐として、 ラジアルゲートが2門装備されている。
非常用洪水吐の減勢工はジャンプ台式。 そのジャンプ台の下に、常用洪水吐からの放流口が装備されている機能的なデザイン。
その他、発電所に繋がる選択取水設備も備えている。

デザインがとても美しく、資料館などもあるため、初心者でも楽しめるダムであろう。
機会があったら、一度は訪れていただきたいダムの一つだ。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

ダム湖側より堤体を眺める。
見学日は良く晴れた日だった。
青い空、白いコンクリート、赤いゲート。
各色々が主張し、とても美しかった。

ダム

下流より堤体を眺める。
堤体には、月もしくは日が昇るデザインが描かれている。

ダム

クレスト部にある、非常用洪水吐のアップ。
真紅のラジアルゲートが2門装備されていた。

ダム

常用洪水吐からの放流口。
その上は、非常用洪水吐からの流路。
ジャンプ台式になっている。
非常に合理的なデザインだ。

ダム

下流横より堤体を眺める。
本当に美しいデザインをしている。

ダム

ダム湖を眺める。
夏期制限中なので水位が低い。

ダム

天端より直下を眺める。
ジャンプ台式洪水吐なので、減勢工はそんなに気合いが入っていない。

ダム

天端より下流を眺める。
ここはもう、梵字川ダム湖かも知れない。

ダム

天端を眺める。
徒歩のみ通行可能。

ダム

上流より堤体を眺める。
奥から、選択取水設備、非常用洪水吐、常用洪水吐の副ゲート、常用洪水吐の副ゲート、非常用洪水吐、水位維持管理用放流設備の副ゲートという順に並んでいる。

ダム

上写真のアップ。

広告

スペック

ダム名月山(がっさん)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名梵字川/赤川水系
所在地山形県鶴岡市上名川
位置北緯38度35分00秒 東経139度53分44秒
着工年/完成年1976年/2001年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水/発電
堤高123.0m
堤頂長393.0m
堤体積1,160,000立方m
流域面積239.8平方km
湛水面積180ha
総貯水量65,000,000立方m
有効貯水量58,000,000立方m
ダム湖名あさひ月山湖(あさひがっさんこ)
管理国土交通省
本体施工者西松・大林・鉄建
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位EL 268.2m
サーチャージ水位EL 266.0m
常時満水位EL 255.0m
制限水位EL 238.5m(6月1日~9月30日)
予備放流水位-
最低水位EL 210.0m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ラジアルゲートB8.1m×H12.8m×2門 
常用洪水吐ラジアルゲートB4.9m×H4.9m×2門 
水位維持管理用放流設備バルブΦ1,800mm×1条 
低水放流設備共同取水設備Φ1,500mm×1条 
発電所最大使用水量月山発電所(東北電力)13.0m3/s

アクセス・ドライブ

山形自動車道庄内あさひICから、県道44号線を国道112号線方面へ走る。
1.5kmほど走ると、国道112号線との交差点にさしかかるので、ここを左折。
国道112号線を月山方面へ走る。
左手に梵字川ダムを眺めながら、6.06km走ると、月山ダム管理所へ続く道が右手に現れる。
標識が出ているので、迷うことなく右折、月山ダム管理所へ向けて進路をとる。
あとは標識通り数百メートル走るだけ。
管理所の奥に駐車場があるので、そちらに車を停めて見学するとよいだろう。
ただし、この駐車場は17:00までの営業なので注意して欲しい。

また、すぐ手前に梵字川ダムがあるので、こちらの見学も合わせておすすめする。


TOP > ダム一覧 山形県 > 月山ダム カウンター