ダムマニア - Dam Mania -

西山ダム

山梨県所有の発電専用ダム。南アルプスの山中にあり、ダム湖は奈良田湖という名前で親しまれている。

このダムより最大15.00m3/sの水が取水され、西山発電所にて最大18,800kWの電力を生み出している。
山梨県営では一番古い水力発電所との事だ。

堤体は重力式コンクリートの形式で、オーソドックスなスタイルだが、よく見るとゲートの位置が通常のダムとは違う事に気づく。
非常用洪水吐と思われる、3門のローラーゲートよりも高い位置に、常用洪水吐と思われる自然調節式のゲートがある。 その上、そのゲートは、堤体のだいぶ右岸側に設置されているので、非常に滑稽な造りに見える。
ゲートの位置を、クレスト、オリフィス、コンジットという表現で表すが、このダムに関しては、 どのゲートをクレストゲートと表現すれば良いのか迷ってしまう。

また、ダム湖は堆砂が激しく進んでいる様子がうかがえる。
ダム湖の中に小さな島があるが、これは堆砂によるものなのだろうか。それとも、あえて島を残したのだろうか。
全く以て謎が多いダムである。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流正面より堤体を眺める。
ここから見るとオーソドックスな重力コンクリートダムだが、よく見ると何か変。

ダム

放流の様子。
堤体にひびが入っているように見えるが、大丈夫だろうか。
また、左からも水が流れて落ちている。

ダム

カメラを左に向けたアングル。
あぁ、あそこから放流しているのか。。。
しかしまぁ、あのゲート、非常用洪水吐より高い位置にあるなぁ。

ダム

常用洪水吐と思われるゲートのアップ。

ダム

下流の様子。
正面やや右側に砂防ダムが見える。
この地域はフォッサマグナに近いため、堆砂が激しい場所が多い。

ダム

左岸横より堤体を眺める。
オーソドックスなスタイルだが、美しさを感じる堤体だ。

ダム

天端を眺める。
残念ながら立入禁止だった。
右側に西山発電所の取水設備が見える。

ダム

西山発電所の取水設備。
作業員の方が整備点検をしていた。

ダム

堤体付近よりダム湖を眺める。
この写真ではよく分からないが、相当堆砂が進んでいる様子がうかがえた。
中央部にある島は、その影響なのだろうか。

ダム

まだまだ満水ではないらしい。
あと50cmは貯められるだろうか。

ダム

ゲートのアップ。

ダム

常用洪水吐と思われるもの。
自然調節式だと思われる。

ダム

上流にある奈良田第一発電所からの放流口。
勢いよく水が流れ出ていた。

ダム

上流より堤体を眺める。
このダム湖の水は、いつもこんな色をしている。

広告

スペック

ダム名西山(にしやま)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名早川/富士川水系
所在地山梨県南巨摩郡早川町奈良田下草里
位置北緯35度34分11秒 東経138度17分59秒
着工年/完成年1954年/1957年
用途発電
堤高40.4m
堤頂長112.3m
堤体積40,000立方m
流域面積192平方km
湛水面積24ha
総貯水量2,382,000立方m
有効貯水量1,033,000立方m
ダム湖名奈良田湖(ならだこ)
管理山梨県
本体施工者鹿島建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
常時満水位 
制限水位-
予備放流水位-
最低水位 

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ローラーゲート3門 
常用洪水吐自然調節式1門 
発電所最大使用水量西山発電所(山梨県)15.00m3/s

アクセス・ドライブ

中央自動車道甲府南ICから、国道358号線を甲府市街方面へ走る。
950m走ると、笛南中北という交差点にさしかかるので、ここを直進、国道140号線に入る。
そのまま国道140号線を走り、1つのトラップを越えて笛吹川&釜無川にかかる三郡西橋を渡る。
渡り終えると、国道140号線は左に曲がっているので、その通りに左折。
そしてすぐに、国道52号線との交差点にさしかかる。
この交差点を左折、国道52号線を身延方面へ走る。
約18.7km走ると、上沢という交差点にさしかかる。
ここを右折、県道37号線に入る。
あとはひたすら、早川と共に走るのみ。
34.51km走ると、左手に西山ダムが見えてくる。
堤体の脇が広くなっているし、ちょっと離れた所に駐車場があるので、こちらに車を停めて見学するとよいだろう。

また、このダムの下流に雨畑ダムがあるので、こちらの見学も合わせておすすめする。


TOP > ダム一覧 山梨県 > 西山ダム カウンター