ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

手取川ダム

石川県

国土交通省、電源開発(株)、石川県が協同管理する多目的ダム。
洪水調節の他、上水道用水や工業用水の確保、発電をおこなっている。
堤高153mのロックフィルダムは、北陸地方最大の規模であるが、落石の恐れがあるため、現在は残念ながら天端は開放されていない。
このダムの水は、電源開発(株)の手取川第一発電所へ導かれ、最大180m3/sの流量で25万kWの電力を生み出している。
ちなみに、さらに下流には、手取川第二発電所や手取川第三発電所があるが、これらは北陸電力(株)の所有である。
運営会社が異なるのに、番号が連なっていることに疑問を覚えるのは私だけだろうか。
これだけの規模のダムであることから、早く落石の危険を排除し、ジュ優に見学できる施設に生まれ変わってもらいたいものである。


下流左岸より堤体を眺める。
大規模なロックフィルダムだが、天端は立入禁止。

右岸に設置されている洪水吐。
ローラーゲートが2門の様だ。

大きな取水塔。

取水塔の奥に堤体やインクラインが見える。


おすすめ商品

スペック

ダム名手取川(てどりがわ)ダム
ダム型式ロックフィル
河川名/水系名手取川/手取川水系
所在地石川県白山市東二口地先
位置北緯36度15分55秒 東経136度38分38秒
着工年/完成年1970年/1979年
用途洪水調節、農地防災/上水道用水/工業用水/発電
堤高153.0m
堤頂長420.0m
堤体積10,050,000立方m
流域面積428.2平方km
湛水面積525ha
総貯水容量231,000,000立方m
有効貯水容量190,000,000立方m
ダム湖名手取湖(てどりこ)
管理国土交通省・電源開発(株)・石川県
本体施工者前田建設・青木建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)EL 465.00m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)EL 464.00m(3月1日~6月14日)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)EL 461.00m(6月15日~10月15日)
最低水位EL 405.00m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ローラーゲート2門 

アクセス

手取川第2ダムからのアクセス方法を記載させてもらう。
手取川第2ダムより、国道157号線を福井方面に4km走る。
すると左手に大きな手取川ダムが見えてくる。
トンネルの手前に小さな駐車場、トンネルを抜けると大きな駐車場があるので、こちらに車を停めて見学するとよいだろう。
なお、このダムはではダムカードを配布しているが、配布場所は管理所ではなく、約8.5km上流にある手取川総合開発記念館にて配布されている。


コメント

タイトルとURLをコピーしました