ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

川内川第2ダム

鹿児島県

電源開発(株)が所有する発電専用ダム。
上流にある川内川第一発電所(鶴田ダム)の逆調整池の役割と、発電を目的としている。
堤体はオーソドックスな重力式コンクリートダムで、クレスト部にローラーゲートの洪水吐が3門備え付けられている。
発電専用ダムらしく、余計な飾り付けはなく、シンプルなデザイン。
もちろん、電源開発(株)所有である証、水色の配色は施されている。
このダムで取水された水は、直下の川内川第二発電所に導かれ、最大100m3/sの水量を用いて1.5万kWの電力を生み出す。
見学時はゲートより放流していたため、発電はしていなかったのだろうか。
上流には巨大な鶴田ダムがあるが、こちらのダムも味があって面白い。


下流より堤体を眺める。
中央のゲートより放流中。
右に川内川第二発電所が見える。

発電所とダム。
手前の白いゲートは発電所へ導くゲート。

天端を眺める。
こう見えても自動車での通行可能。

左岸に設置してあるインクライン。

天端よりダム湖を眺める。
細長いダム湖。
この先に鶴田ダムがある。

右岸上流より堤体を眺める。
シンプルで飽きが来ないデザイン。

電源開発(株)所有らしい巨大なローラーゲート。
もちろん水色に塗装されている。


おすすめ商品

スペック

ダム名川内川第2(せんだいがわだいに)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名川内川/川内川水系
所在地鹿児島県薩摩郡さつま町鶴田字木場瀬4894-1
位置北緯31度57分32秒 東経130度29分57秒
着工年/完成年/1964年
用途発電
堤高24.0m
堤頂長106.9m
堤体積17,000立方m
流域面積813.6平方km
湛水面積32ha
総貯水容量2,725,000立方m
有効貯水容量1,322,000立方m
ダム湖名 
管理電源開発(株)
本体施工者梅林建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)EL 58.00m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位EL 53.00m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ローラーゲート3門

コメント

タイトルとURLをコピーしました