ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

青下第1ダム

宮城県

仙台市の水瓶、青下ダム群。この、青下第1ダムは、青下川の最下流にあり、このダムの上流には、同じかたちの青下第2ダム、青下第3ダムがある。
玉石コンクリート造りのダムで、文化庁の登録有形文化財に指定されている、由緒正しいダムである。
同じく、この上流にある2つのダムも登録有形文化財に指定されている。
現在でも仙台市の大事な水瓶であるのだが、最近ではあまり取水されていないという。
近隣にある釜房ダムや、大倉ダムからの取水がメインになるつつあるということだ。
(財)日本ダム協会のダム便覧には、堤高が17.4mと記載されているが、仙台市水道記念館の資料によると、堤高13mとなっている。
遠からず、ダム便覧から削除される運命にあるのだろうか。

仙台市水道記念館の資料による、堤高13mとは、玉石張り部分の数値らしいです。(2006年8月25日追記)


右岸横より堤体を眺める。
天端より越流していた。
玉石の上を流れ落ちる水流がきれいだった。

天端を眺める。
徒歩でのみ通行可能。
ちなみに、この天端はハイキングコースになっている。

天端よりダム湖を眺める。
ひっそりとして良い感じ。
このすぐ上流には、青下第2ダムがある。

天端より直下を眺める。
ちゃんと、玉石造りの減勢工がある。

仙台市水道の取水塔を眺める。
堤体とは別に、この取水塔も登録有形文化財に指定されている。

取水塔の操作部。
内径2.4m、高さ16.97mの鉄筋コンクリート造り。
上中下3段から取水できる構造になっている。


おすすめ商品

スペック

ダム名青下第1(あおしただいいち)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名青下川/名取川水系
所在地宮城県仙台市青葉区大倉字大原新田
位置北緯38度17分54秒 東経140度41分41秒
着工年/完成年1931年/1933年
用途上水道用水
堤高17.4m
堤頂長43.4m
堤体積4,000立方m
流域面積20平方km
湛水面積2ha
総貯水容量114,000立方m
有効貯水容量106,000立方m
ダム湖名
管理仙台市
本体施工者仙台市

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐自由越流式1門

アクセス

東北自動車道仙台宮城ICから、国道48号線を寒河江方面へ走る。
12.46km走ると、熊ヶ根という交差点にさしかかる。
ここを右折、大倉ダム方面へ向かう。
0.60km走ると、仙台市水道記念館へ向かう道が、左手に分岐する。
この分岐を左折、仙台市水道記念館へ向かう。
分岐から、200mほど走ると、右手に仙台市水道記念館が見えてくる。
この駐車場に車を停め、ここからは徒歩。
記念館の左側の砂利道を抜け、ハイキングコースを進む。
坂を下り、左に折れると、目の前に青下第1ダムがあらわれる。
また、この上流にも、青下第2ダム、青下第3ダムがあるので、こちらも見学もあわせておすすめする。
他、日本で唯一の、ダブルアーチである、大倉ダムがあるので、こちらの見学もあわせておすすめしたい。


コメント

タイトルとURLをコピーしました