ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

宮中取水ダム

新潟県

JR東日本所有の発電専用ダム。
信濃川本流を堰き止めている。
11門のローラーゲートを備え、そのうち2門は発電用取水の余水吐となっている。
右岸にはルートが異なる2本の魚道が設置され、魚に対して細かい気配りがされている。
訪問時は2門のゲートから放流していて、7.0m3/sの放流とのことだったが本当だろうか。


下流左岸より堤体を眺める。
紅いローラーゲートが魅力的。

下流正面より堤体を眺める。
11門のローラーゲートを備えている。
そのうち2門より放流中。
左に魚道が見える。

魚道のアップ。
1回折り返して登るかたちになっている。

上流より魚道を眺める。
大きな魚道と小さな魚道がある。

天端を眺める。
自動車での通行可能。

左岸に設置されている発電用の取水口。
凄い勢いで水が流れ込んでいた。

天端よりダム湖を眺める。
ダム湖というよりも、河川。

天端より下流を眺める。
広い河原だった。

左岸より堤体を眺める。

7.0m3/s以下を●●しないよう、●●●●された放流量計。


おすすめ商品

スペック

ダム名宮中取水(みやなかしゅすい)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名信濃川/信濃川水系
所在地新潟県十日町市宮中
位置北緯37度03分59秒 東経138度41分52秒
着工年/完成年1919年/1939年
用途発電
堤高16.8m
堤頂長330.8m
堤体積立方m
流域面積7,841平方km
湛水面積21ha
総貯水容量970,000立方m
有効貯水容量710,000立方m
ダム湖名 
管理東日本旅客鉄道(株)
本体施工者旧・日本国有鉄道直営

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ローラーゲート11門
発電所使用水量316.96m3/s

アクセス

関越自動車道塩沢石打ICを出て、県道を国道17号線方面へ走る。
するとすぐに、国道17号線に出るので、この交差点を左折、国道17号線を湯沢方面へ走る。
500mほど走ると、国道353号線の交差点にさしかかる。
この交差点を右折、国道353号線に入る。
ワインディングをこなし、14kmほど走ると、国道117号線との交差点にさしかかる。
この交差点を右折、そしてすぐに左折。
常に国道353号線をなぞりながら走る。
越後田沢駅の正面にでて、右折、迷うことはない、一応国道353号線の標識は出ている。
踏切を越え、1kmほど走ると橋を渡る。
この橋から左手を眺めて欲しい。
宮中取水ダムが見えることだろう。
駐車場は無いが、付近に空き地などがあるので、ここに車をとめて見学すると良いだろう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました