ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

秋葉ダム

静岡県

天竜川にかかる、下流から2番目に位置するダム。
堤高が89mとのことだが、外見は20mほどにしか見えない。
堤体の半分以上が水没しているのである。
デザインは、電源開発(株)らしく、巨大なローラーゲートを8門装備している。


下流正面より堤体を眺める。
堤高89.0m。
半分以上水没している。
堤体手前の赤いものは吊橋。

巨大なローラーゲートが8門。
左右のゲートは多少小さくなっている。
排砂ゲートの役割を果たしているという。

ずらっと並ぶ発電用の取水口。
秋葉第一・秋葉第三発電所に導かれる。

天端とゲートを眺める。
天端は一般道になっている。

一番端のゲートの下流側。
他のゲートより一段高い位置に減勢工がある。

下流横より堤体を眺める。
ゲート支柱横にダム名が書かれているデザインは、佐久間ダム・船明ダムと一緒。

下流を眺める。
手前の建物は秋葉第三発電所。

天端よりダム湖を眺める。


おすすめ商品

スペック

ダム名秋葉(あきは)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名天竜川/天竜川水系
所在地静岡県浜松市天竜区龍山町戸倉字時並435-9
位置北緯34度58分20秒 東経137度49分42秒
着工年/完成年1954年/1958年
用途発電
堤高89.0m
堤頂長273.4m
堤体積515,000立方m
流域面積4,490平方km
湛水面積190ha
総貯水容量34,703,000立方m
有効貯水容量7,750,000立方m
ダム湖名秋葉湖 (あきはこ)
管理電源開発(株)
本体施工者熊谷組

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ローラーゲート8門 

アクセス

東名自動車道浜松ICより、県道45号線を北上、天竜市に向かう。
12kmほど走ると、「鹿島坂下」という交差点で国道152号線・362号線の合体国道にぶつかる。
この交差点を右折、すぐに天竜川を渡る。
川を渡り終え、しばらく走ると、「双竜橋」という交差点で国道は左折する。
ここは国道とともに左折。
この交差点から2kmほど走ると、国道152号線と国道362号線が分岐する。
ここは国道152号線を選択、交差点を左折するかたちになる。
この分岐から3kmほど走ると、左手に船明ダム入口の交差点が見える。
佐久間ダム見学の前に、ぜひこのダムの見学をしてもらいたい。
同じ会社のダムなので、デザインに共通点を見いだせるだろう。
船明ダムを通り過ぎ、天竜川とともに国道をしばらく走る。
10kmほど走ると、右手に秋葉ダムが見えてくる。
トンネルの手前に、ダムに通じる道があるのでそのを右折する。
あとは、ダムに向かって突き進めばよい。
堤体の脇に駐車場があるので、ここに車をとめて見学すればよいだろう。
歩行者のみ通行できる吊り橋が、ダム直下にかかっているので、この橋を渡るべし。
また、このダムの上流には佐久間ダムがある。
こちらの見学もあわせておすすめする。


コメント

タイトルとURLをコピーしました