ダムカレー、食べに来て下さい
食べに行く!

東荒川ダム

栃木県

ダムには案内板や公園、展望台などがあり、とても開かれたダム。
案内板によると、ちょっと変わった構造らしい。


天端を眺める。
天端途中に作業船の格納庫がある。

天端より直下を見下ろす。
今日は放流なし。

横より堤体を眺める。
自由越流式の洪水吐がズラーッと並ぶ。

ダム湖側より堤体を眺める。

ダム湖を眺める。
栃木のこの辺りのダムは小さなダム湖が多いが、
このダム湖は大きく見えた。

高台より堤体を眺める。
堤体中央に表面取水設備が見える。


おすすめ商品

スペック

ダム名東荒川(ひがしあらかわ)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名荒川/那珂川水系
所在地栃木県塩谷郡塩谷町上寺島
位置北緯36度50分50秒 東経139度49分44秒
着工年/完成年1974年/1990年
用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/かんがい用水/上水道用水/発電
堤高70.0m
堤頂長276.0m
堤体積222,000立方m
流域面積21平方km
湛水面積37ha
総貯水容量6,100,000立方m
有効貯水容量5,330,000立方m
ダム湖名 
管理栃木県
本体施工者鹿島建設・大日本土木・渡辺建設

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)EL 527.0m
平常時最高水位(常時満水位)EL 523.1m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)EL 514.7m(6月16日~10月10日)
最低水位EL 498.4m

放流設備

非常用洪水吐自由越流式W11.5m×H1.6m×9門500m3/s
常用洪水吐ローラーゲートW2.50m×H2.50m×1門90m3/s
常用洪水吐ジェットフローΦ0.48m×1条3.0m3/s
発電所使用水量東荒川発電所(栃木県)1.6m3/s

アクセス

東北自動車道矢板ICが最寄りのインターとなる。
インターを出て、県道30号線を左折。
このインターの出口は多少複雑なので注意されたし。
出口は手前と奥の2種類あり、奥は国道への出口、手前は県道への出口なので、ここは手前の出口を選ぶ。
県道30号線を北上し、那須方面へ向かう。
6kmほど走ると国道461号線との交差点にぶつかる。
交差点名は「本町」。ここを左折する。
進路を国道461号線、今市方面へ向ける。
高速道路を渡り、多少のクネクネ道を走る。
先程の交差点から8kmほど走ると、県道63号線にぶつかる。
交差点名は「玉生」。この交差点を右折する。
道はやがて山間部を通るようになり、10kmほど走ると東荒川ダムに到着する。
展望台手前に、下に下る道が左手にあるので、こちらを選べば堤体前まで車で行ける。


コメント

タイトルとURLをコピーしました