ダムマニア - Dam Mania -

船明ダム

天竜川の最下流に位置するダム。
所有者は電源開発(株)だが、多目的ダムであるところが珍しい。
最下流に位置しているため、堤高は低く堤頂長は長い。
電源開発(株)の所有だけあって、巨大なローラーゲートが印象的である。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流正面より堤体を眺める。
巨大なローラーゲートが9門。

ダム

ゲートの水色と、欄干の赤色、ゲート天井の青が映える。
堤体の左側に見える建物は船明発電所。

ダム

天端を眺める。
自動車も通れる大きな天端。

ダム

ローラーゲートの大きさがわかるだろうか。
右側に写っている人と比べてほしい。

ダム

発電用の取水口。

ダム

下流横より堤体を眺める。
ゲート下流にあるコンクリートが
減勢工の役割を果たすのだろうか。

ダム

上流より堤体を眺める。
満水で今にも溢れそうだ。

ダム

天端よりダム湖を眺める。

広告

スペック

ダム名船明(ふなぎら)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名天竜川/天竜川水系
所在地静岡県天竜市大字船明
位置 
着工年/完成年1972年/1977年
用途かんがい用水/上水道用水/工業用水/発電
堤高24.5m
堤頂長220.0m
堤体積54,000立方m
流域面積平方km
湛水面積ha
総貯水量10,900,000立方m
有効貯水量3,600,000立方m
ダム湖名船明貯水池
管理電源開発(株)
本体施工者 
地図マピオン DamMaps

アクセス・ドライブ

東名自動車道浜松ICより、県道45号線を北上、天竜市に向かう。
12kmほど走ると、「鹿島坂下」という交差点で国道152号線・362号線の合体国道にぶつかる。
この交差点を右折、すぐに天竜川を渡る。

川を渡り終え、しばらく走ると、「双竜橋」という交差点で国道は左折する。ここは国道とともに左折。
この交差点から2kmほど走ると、国道152号線と国道362号線が分岐する。
ここは国道152号線を選択、交差点を左折するかたちになる。

この分岐から3kmほど走ると、左手に船明ダム入口の交差点が見える。
この交差点を左折。すぐに船明ダムが見えてくる。
堤体の直前左側に、大きな駐車場があるので、こちらに車をとめて見学をするとよいだろう。

また、この上流に秋葉ダム・佐久間ダムがあるので、こちらの見学もあわせておすすめする。


TOP > ダム一覧 静岡県 > 船明ダム カウンター