ダムカードの整理にお困りですか?
困ってる

水窪ダム

静岡県

静岡県に5基しかないロックフィルダムの一つで、電源開発(株)の発電専用ダム。
ここで取水された水は導水され、6km下流の水窪発電所に運ばれる。
堤体は、岩の大きさが小さいロックフィル型式で、所々崩れているあとが見える。
電源開発(株)所有のダムにはめずらしく、2門のラジアルゲートを備えている。


下流より堤体を眺める。
所々リップラップが崩れている。
大丈夫なのだろうか。

洪水吐からあふれ出た水は、トンネルを通って堤体直下へ流れる。

天端を眺める。
アーチ状になっている。

天端は車両通行が可能だが、柵など一切無い。
落ちたら大変。

天端より下流を眺める。

インクラインは堤体に付いている。

発電所へ続く取水口。
斜めのゲートが珍しい。

洪水吐は電源開発(株)のダムには珍しいラジアルゲートだ。

天端よりダム湖を眺める。


おすすめ商品

スペック

ダム名水窪(みさくぼ)ダム
ダム型式センターコア型ロックフィル
河川名/水系名戸中川/天竜川水系
所在地静岡県浜松市天竜区水窪町地頭方1491-2
位置北緯35度11分05秒 東経137度55分54秒
着工年/完成年1967年/1969年
用途発電
堤高105.0m
堤頂長258.0m
堤体積2,411,000立方m
流域面積172.3平方km
湛水面積84ha
総貯水容量29,981,000立方m
有効貯水容量22,836,000立方m
ダム湖名水窪湖 (みさくぼこ)
管理電源開発(株)
本体施工者間組

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位

放流設備

用途形状サイズ放流能力
洪水吐ラジアルゲート2門

アクセス

東名自動車道浜松ICより、県道45号線を北上、天竜市に向かう。
12kmほど走ると、「鹿島坂下」という交差点で国道152号線・362号線の合体国道にぶつかる。
この交差点を右折、すぐに天竜川を渡る。
川を渡り終え、しばらく走ると、「双竜橋」という交差点で国道は左折する。
ここは国道とともに左折。
この交差点から2kmほど走ると、国道152号線と国道362号線が分岐する。
ここは国道152号線を選択、交差点を左折するかたちになる。
この分岐から3kmほど走ると、左手に船明ダム入口の交差点が見える。
水窪ダム見学の前に、ぜひこのダムの見学をしてもらいたい。
船明ダムを通り過ぎ、天竜川とともに国道をしばらく走る。
10kmほど走ると、右手に秋葉ダムが見えてくる。
こちらのダム見学も、もちろんおすすめする。
このダムから10kmほど走ると、国道152号線は、大井橋という所で国道473号線と分岐する。
国道473号線方面に進むと、佐久間ダムがある。
時間が許せば佐久間ダムの見学もおすすめしたい。
水窪ダムへは、そのまま国道152号線を突き進む。
10kmほど走ると水窪市街地へ到着する。
ここからが要注意。
水窪駅を越え、数百メートル先に、ヒョー越林道へと続く道が右手に分岐しているはずである。
ここで進路を変え、この道を進む。
5kmほど走ると、水窪ダムに続く道が右手に現れる。
スーパー林道という名前らしい。
ここを右折。スーパー林道に進路を変える。
2kmほど走るとトンネルが現れ、このトンネルを抜けると目の前にロックフィルの堤体が広がる。


コメント

タイトルとURLをコピーしました