ダムカレー、食べに来て下さい
食べに行く!

宮奥ダム

奈良県

奈良県が管理する多目的ダム。
かんがい用水と上水道用水の確保を目的とした、堤高36.5mの重力式コンクリートダム。
洪水調節を伴わないので、余水吐は自由越流式というオーソドックスな造り。
このダムから取水された水は、宇陀市に水道水及びかんがい用水として供給されている。
減勢工の副ダムから先は、非常に細い河川となっており、もし洪水がきたら大丈夫なのかと思ってしまうほど。
まぁ、大丈夫だからこの様な造りなのだろうが。


下流正面より堤体を眺める。
余水吐は自由越流式が4門。

左岸より堤体を眺める。
横に広い減勢工。

天端を眺める。
徒歩でのみ通行可能。

天端より直下を眺める。
下流河川は減勢工の左側から流出する造り。

天端より下流を眺める。

インクライン。

ダム湖側より堤体を眺める。
余水吐の左側に取水塔が見える。

余水吐のアップ。

ダム湖。

ダム管理所。


おすすめ商品

スペック

ダム名宮奥(みやおく)ダム
ダム型式重力式コンクリート
河川名/水系名宇陀川/淀川水系
所在地奈良県宇陀市大宇陀区宮奥
位置北緯34度27分21秒 東経135度54分33秒
着工年/完成年1983年/1998年
用途かんがい用水/上水道用水
堤高36.5m
堤頂長175.0m
堤体積65,000立方m
流域面積2.9平方km
湛水面積5ha
総貯水容量580,000立方m
有効貯水容量475,000立方m
ダム湖名宮奥湖(みやおくこ)
管理奈良県
本体施工者清水建設・村本建設・淺沼組・錢高組

水位

設計洪水位
洪水時最高水位(サーチャージ水位)
平常時最高水位(常時満水位)EL 478.50m
洪水貯留準備水位(洪水期制限水位)
最低水位EL 465.50m

放流設備

用途形状サイズ放流能力
余水吐自由越流式4門

コメント

タイトルとURLをコピーしました