ダムマニア - Dam Mania -

奥只見ダム

日本一の貯水量を誇るダム(岐阜県の徳山ダムに抜かれ、第2位になりました)。堤高も重力式コンクリートダムの中では第一位だ。
このダムの登場シーンも、これらのスペックを演出してくれている。
ダムまでの道は、18kmほども続くトンネルの連続。
まるで地底人になってしまったかの頃に、突然目の前に現れる。

また、観光も盛んで、お土産屋やドライブインが建ち並ぶ。
冬はスキー、春から秋にかけては遊覧船も出ている。
奥只見電力館などもあるので、時間がある人はゆっくり見学してもらいたい。
ただし、急いでいる場合、館長さんには要注意である。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流にある駐車場より堤体を眺める。
スッキリとしたシンプルなデザイン。

ダム

駐車場から天端へは、このモノレールに乗って移動する。
料金は片道100円。
歩きでも天端へ行けるが、登り坂なので辛い。

ダム

左岸より堤体を眺める。
他の重力式コンクリートダムよりも傾斜が緩やかに感じるが、気のせいだろうか。

ダム

天端を眺める。
中央部より先は立入禁止。

ダム

天端の中央部より先を撮影。
ゲート類が見えない。残念。

ダム

天端より直下を眺める。
ジャンプ台式減勢工か?!
ちなみに、6月というのに、まだうっすらと雪が残っている。

(フリップバケット方式の減勢工だそうです)

ダム

ダム湖より堤体を眺める。
こちら側から見てもシンプルなデザインだ。

ダム

ゲート類のアップ。
その奥に見えるのは、管理用のクレーン。

ダム

天端より下流を眺める。
この先に大鳥ダムがある。

ダム

天端よりダム湖を眺める。右に遊覧船が見える。

広告

スペック

ダム名奥只見(おくただみ)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名只見川/阿賀野川水系
所在地福島県南会津郡桧枝岐村駒嶽
位置北緯37度09分13秒 東経139度14分58秒
着工年/完成年1953年/1960年
用途発電
堤高157.0m
堤頂長480.0m
堤体積1,636,000立方m
流域面積595.1平方km
湛水面積1,150ha
総貯水量601,000,000立方m
有効貯水量458,000,000立方m
ダム湖名銀山湖(ぎんざんこ)
管理電源開発(株)
本体施工者鹿島建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位-
常時満水位EL 750.0m
制限水位-
最低水位EL 690.0m (館長さん談)

放流設備

用途形状サイズ放流能力
主放流設備ラジアルゲート2門 
発電所最大使用水量  387m3/s
発電所最大使用水量 (館長さん談)400m3/s

アクセス・ドライブ

関越自動車道小出ICを出て右折。看板があるので、それに従い、奥只見方面を目指す。
看板が奥只見方面は左と促すので、それに従って左折。
しばらく走ると、国道352号線との交差点にさしかかる。
ここを右折。奥只見方面を目指す。

その交差点から8kmほど走ると、シルバーライン入口の標識が現れる。
この標識通り左折し、シルバーラインに入る。

このシルバーラインは要注意。
トンネルが連続して12km以上続く。
さらに、そのトンネルは途中で曲がりくねり、路面が濡れている。
急勾配もあり、とても楽しいトンネルだ。

トンネル内には色々な仕掛けがしてあるので、それらを探してみよう。
なにか楽しみながら走らないと、退屈でしょうがない道である。

また、トンネルの出口も要注意。
湿度が急に異なるため、ウインドウが一気に曇る。
出口が見えてきたら、ワイパーをいつでも動かせる心構えが必要だ。

12km、延々とトンネルを走ると、やがて出口が見えてくる。
そう、ここは奥只見ダムだ。
外の明るい光とともに、奥只見ダムを満喫してもらいたい。

大きな駐車場があるので、そちらを利用し見学すると良いだろう。

観光施設

施設名奥只見電力館
開館時間9:00~16:30
休館日11月中旬~5月中旬(ただし、積雪状況による)
入館料無料
堤体内・発電所見学-
ホームページ-

TOP > ダム一覧 新潟県 > 奥只見ダム カウンター