ダムマニア - Dam Mania -

黒又川第1ダム

電源開発(株)が所有する、シンプルなデザインのダム。
以前はこの奥にある、黒又川第2ダムと揚水発電を行っていたそうだが、現在はやっていないという。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

下流正面より堤体を眺める。
クレストゲートはラジアルゲートが2門。

ダム

下流横より堤体を眺める。
導隆壁内に見える出っ張りは、オリフィスゲートだろうか。

ダム

天端を眺める。
自動車通行可能。
ここを通り、さらに進むと黒又川第2ダムがある。

ダム

天端より直下を眺める。
ジャンプ台式の減勢工か。

(フリップバケット方式の減勢工だそうです。)

ダム

天端よりクレストゲートを眺める。
う~ん、よく分かりませんね。

ダム

発電用の取水塔。
2階建ての立派なものだった。

ダム

ダム湖より堤体を眺める。
ほぼ満水か。

ダム

取水塔には船が装備されていた。
建物の下に吊られている。

ダム

ゲート群アップ。

ダム

天端よりダム湖を眺める。この先に黒又川第2ダムがある。

広告

スペック

ダム名黒又川第1(くろまたがわだいいち)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名黒又川/信濃川水系
所在地新潟県北魚沼郡入広瀬村
位置北緯37度19分17秒 東経139度05分50秒
着工年/完成年1954年/1958年
用途発電
堤高91.0m
堤頂長276.0m
堤体積289,000立方m
流域面積206.1平方km
湛水面積143ha
総貯水量42,850,000立方m
有効貯水量30,630,000立方m
ダム湖名 
管理電源開発(株)
本体施工者清水建設
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位 
サーチャージ水位 
常時満水位 
制限水位 
最低水位 

放流設備

用途形状サイズ放流能力
非常用洪水吐ラジアルゲート2門 

アクセス・ドライブ

関越自動車道小出ICを出て左折。
500mほど走ると、国道17号線にぶつかる。この交差点を右折。
進路を長岡方面にとる。

3kmほど走ると、国道252号線との立体交差にさしかかるので、ここを右折。
国道252号線を入広瀬方面に走る。

関越自動車道をくぐり、ひたすら走る。
隣に只見線の線路が見えてくる。

15kmほど走ると、黒又川第1ダムへの標識が現れる。
この標識通りに右折。

途中、黒又ダムを左手に眺め、ひたすら直進する。
やがて、目の前に黒又川第1ダムがあらわれる。

天端を渡る直前に広いスペースがあるので、ここに車を停めて見学すると良いだろう。
また、この先に黒又川第2ダムもあるので、こちらの見学もあわせておすすめする。


TOP > ダム一覧 新潟県 > 黒又川第1ダム カウンター