ダムマニア - Dam Mania -

佐久間ダム

高度経済成長期の電力不足を補うため、わずか三年間で造り上げられたダム。
アメリカから重機を輸入し、これまでと異なった新しい方法で建設された。

愛知県の新豊根ダムと揚水発電をし、この佐久間ダムは下池にあたる。
また、豊川用水の取水池としての役割も果たしている模様。

立入禁止場所からの写真が含まれている場合がありますが、許可を得て撮影しています。
ダム

堤高155.5mの佐久間ダムを下流より望む。
ローラーゲートが大きすぎて、
ダムの大きさが感じられないのが残念。

ダム

非常用洪水吐はローラーゲート5門。

ダム

佐久間ダムを下流より望める展望台は、
途中のトンネルの中にある。

ダム

天端横より下流を眺める。

ダム

本日はだいぶ水が少ないらしい。

ダム

佐久間ダム電力館より堤体を眺める。
船明ダム・秋葉ダムと同じデザインだ。
(2004.1.25撮影)

ダム

同じく、佐久間ダム電力館より堤体を眺める。
(2004.1.25撮影)

ダム

堤体直下より非常用洪水吐を見上げる。
下から見上げると、とても大きく感じた。
(2004.1.25撮影)

ダム

減勢工を眺める。
(2004.1.25撮影)

ダム

一番奥の減勢工だけコンクリートが水上に現れている。
そこだけ地盤が弱いため、この様な構造になったとのこと。
(2004.1.25撮影)

ダム

佐久間発電所の取水口。
レトロなデザインでおしゃれだ。

ダム

天端より直下を眺める。
高さを感じられないのが残念。

広告

スペック

ダム名佐久間(さくま)ダム
ダム形式重力式コンクリートダム
河川名/水系名天竜川/天竜川水系
所在地静岡県磐田郡佐久間村大字佐久間
位置北緯35度05分58秒 東経137度47分39秒
着工年/完成年1953年/1956年
用途発電
堤高155.5m
堤頂長293.5m
堤体積1,120,000立方m
流域面積4156.5平方km
湛水面積715ha
総貯水量326,848,000立方m
有効貯水量205,444,000立方m
ダム湖名佐久間湖 (さくまこ)
管理電源開発(株)
本体施工者間組
地図マピオン DamMaps

水位

設計洪水位-
サーチャージ水位-
常時満水位EL 260.0m
制限水位-
最低水位EL 220.0m

アクセス・ドライブ

東名自動車道浜松ICより、県道45号線を北上、天竜市に向かう。
12kmほど走ると、「鹿島坂下」という交差点で国道152号線・362号線の合体国道にぶつかる。
この交差点を右折、すぐに天竜川を渡る。

川を渡り終え、しばらく走ると、「双竜橋」という交差点で国道は左折する。ここは国道とともに左折。
この交差点から2kmほど走ると、国道152号線と国道362号線が分岐する。
ここは国道152号線を選択、交差点を左折するかたちになる。

この分岐から3kmほど走ると、左手に船明ダム入口の交差点が見える。
佐久間ダム見学の前に、ぜひこのダムの見学をしてもらいたい。
同じ会社のダムなので、デザインに共通点を見いだせるだろう。

船明ダムを通り過ぎ、天竜川とともに国道をしばらく走る。
10kmほど走ると、右手に秋葉ダムが見えてくる。
こちらのダム見学も、もちろんおすすめする。
こちらも、やはり佐久間ダムと同じ所有者なので、デザインに共通点を見いだせるだろう。

このダムから10kmほど走ると、国道152号線は、大井橋という所で国道473号線と分岐する。
ここは国道473号線を選択、佐久間町方面へ向かう。
ここから先は道が多少険しくなる。
4kmほどで佐久間町中心部に到着、そこからしばらくすると、佐久間ダムの標識が現れる。
あとは標識通りに右折。
トンネルを4つくぐると佐久間ダムに到着である。

佐久間電力館があるのでこちらの見学もあわせておすすめする。
ちなみに、この電力館二階からの眺めは最高である。

観光施設

施設名佐久間電力館
開館時間9:00~16:30
休館日不明
入館料無料
堤体内・発電所見学不明

関連資料


TOP > ダム一覧 静岡県 > 佐久間ダム カウンター